うー

女性 ・ 10代

Before

After

二重まぶた整形 2018年06月01日

7件のいいね

湘南美容外科 大阪梅田院

横谷 仁彦

二重まぶた埋没法
合計
¥0

湘南美容外科 大阪梅田院クリニック、横谷 仁彦医師を選んだ理由は?

他の美容外科さんも考えてはいましたが、クイックコスメティーク法が魅力だったのと、私が極度の怖がり・緊張しいなので全身に力が入ってしまい腫れやすくなると思い、笑気麻酔を取り入れてる湘南美容外科さんにしました。 医師については、指名はしていません。 院長の横谷さんが担当してくださいました。

施術メニューを選んだ理由は?

クイックコスメティーク法を選びました。 ダウンタイムがなかなか取れないので、表に傷跡がつかなくて腫れにくく、当日からメイクやシャワーができる点が決め手です。 あと、予算的にもこれが限度かなとった感じでした。

横谷 仁彦医師、スタッフの対応はどうでしたか?

カウンセリングでは、スタッフさんがメニューやメリット・デメリットの説明、平行か末広かなどのざっくりとした希望の調査などをして頂きました。とても丁寧で優しいかったので安心しました。 その後、手術の詳細説明や幅の調整を横谷医師にして頂きました。 当日はお忙しそうだったので、施術等もかなりスピーディーで少し不安でした。 看護師さんも皆やしく、笑顔で対応して頂きました。

その他

局所麻酔が痛いとよく聞きますが私は笑気麻酔がとてもよく効いたみたいで、今夢をみてるのか現実にいるのかかわからない!というほどだったのでまっったく痛くありませんでした。 まぶたを引っ張られる痛み(違和感)はかなりありましたが、そこで力が入ってしまうとかえって痛くなるのでリラックスすることを心がけていました。 術後のアイシングなどは無かったです。

モザイクなしで見る

ダウンタイム経過写真

Lucmo

施術前

2018年06月01日

施術前

施術後、右目に違和感を感じたので看護師さんに伝えると快く対応していただけました。 左右差があるかな?とも思いましたか、左目に比べて右目がかなり晴れてしまっているのでもう少し様子を見ようかなと思っています。 痛みはまぶたに触れると結構痛いですが瞬きでの痛みは対してありません。 腫れも大泣きした次の日くらいしかなかったのでおでこに冷えピタを貼って電車で帰れるくらいでした。 クイックコスメティーク法は表に傷跡がつかないので、若干の内出血が透けて見えるくらいです。

Lucmo

1日目

2018年06月02日

1日目1日目

痛みは昨日とさほど変わりません。 目の中の微かなゴロゴロ感もスッキリなくなりました。 腫れについては、口コミでも病院でも言われるだけあって、術後翌日の朝なのでそれなりに腫れました。 内出血も気持ち引いた気がしますが、元からほとんどなかったので気になりません。

Lucmo

2日目

2018年06月03日

2日目2日目

触れると結構痛かったまぶたも、1日でかなりマシになりました。あおたんくらいの痛みで、瞬きでの痛みは無くなりました。 施術後2日間は腫れ・むくみ防止のため枕高くして寝ましたが、やはり寝起きは少し目立ちます。 マッサージなどができないため為す術もなく、冷えピタを貼って安静にしています。 クイックコスメティーク法なので傷跡はありませんが、透けて見えている内出血も日に日に薄くなってきています。 今日は私の確保できるダウンタイム最終日ですので、2日間我慢したシャワーに入りたいと思います。 シャワーで悪化しなければ良いですが……

Lucmo

3日目

2018年06月04日

3日目3日目3日目

今日はクレンジングが怖くて出来ていなかったメイクに挑戦しました!(画像三枚目) アイプチをしていたことを考えるとかなりの時短で感動しました。 ですがやはりクレンジングが怖くてかなりの薄化粧…笑 私はクレンジングの際いつもアイボンをしていたのですが、しても大丈夫なのでしょうか?? 痛みはほぼほぼ無くなりました。 まぶたを引っ張ると痛いくらいです。 腫れはやはり寝起きに少し目立ちますが、洗顔をしたりしばらく動いていると次第に引きます。 傷跡については、透けて見えていた内出血も完全になくなりました! ただ、左目の目頭側が平行二重の線と奥二重の線両方できてしまっていて、少し不安定な状態です。 不安ですがとりあえずアイプチでカタをつけてみようと思います…。

Lucmo

4日目

2018年09月03日

4日目

しばらく経ちましたが、迷っていたのが不思議なくらいやって良かったと思います。 メイクとはこれだ!!と言えるくらいお化粧も楽しめるようになりました。 アイプチが取れていないか、ずれていないか、目立っていないかと、何度も鏡を確認したり、常にポケットに鏡とアイプチを持ち歩くことも無くなりました。 友達からの急な誘いにも対応できるようになりました。 写真に写るのは今でも苦手ですが、写真を消さなくても大丈夫になりました。 他にもたくさんあります。 今迷っている方々が少しでも勇気を持てたらなと思います。

0件のコメント